TENTEN

てんてん

てんてん

1981年宮城県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。2004年株式会社アマナ(現 株式会社アマナホールディングス)に入社。2013年に独立し、2015年株式会社佐藤写真館設立。

お仕事のご依頼はこちら

えるマネージメント
石川 絵深 ishikawa@l-mg.jp 070-7475-0243
(代表番号)03-4405-2474

ツル

2018年2月19日

本日、2回目のブログ投稿です。 先週1週間ポッコリとスケジールが空いたので、これはチャンスと思い、
前々から興味があった鶴の撮影に北海道の鶴居村に行ってきました。
思えば、かなり久しぶりの一人旅で(6年ぶり位?)北海道1日目は軽いホームシックになりました。
釧路空港に到着して、レンタカーに乗り、釧路市街へ!
和商市場で昼食(勝手丼)をとり、一人で来てしまった後ろめたい気持ちもあったので家族にデカイ蟹を2杯送り、
鶴がいる鶴居村に向かいました。
ビックリするくらい鶴がいました。
ビックリするくらいカメラマンもいました。
2日間、朝から夕方まで鶴を見ていましましたが、やはり鶴は飛んでる姿が一番美しいです。
ちなみに、よくカメラ雑誌に載っている求愛ダンスは時期が少し早かったみたいで、あまり見れませんでした。
宿泊先は「宿房 まきごや」さんで、よく笑う可愛らしいオバちゃんが経営している民宿です。
今回の鶴撮影旅は、もちろん鶴もすごくよかったのですが、宿泊先での、オーナーのオバちゃんや、
一泊目に出会った熟年夫婦(秋田から車で来て、ここから羅臼にオオワシを撮影しに行く)や、
二泊目に出会ったロンドンからきた二人組(イギリス人と日本人)との会話が楽しかったです。
当所、この旅は鶴しか目的が無かったのですが、旅先で出会った人たちとの会話で流氷というワードがたくさん出てきて、
なんだか、もの凄く流氷を見に行きたくたくなったので、4日目は流氷を見に知床に行くことにしました。
旅先の会話で目的地が変わる感じが、一人旅気分を煽っていい感じでした。
つづく

5年前の自分と5年後

2018年2月1日

本日、2月1日は自分にとって、9年間お世話になった会社から独り立ちした独立記念日ということで、
5年前に撮ってもらった自分の写真とセルフポートレートを撮ってみました。
この5年間は、夫になり、父になり、凄く親しい人が他界したりと物凄く濃密な時間でした。
濃密な時間でしたが、恐ろしいほど時間の流れは早く、これからの5年間はもっともっと、
行きたいところに行き、会いたい人に会い、やりたいことを積極的にやっていかないと、あっという間に人生が終わってしまうと焦っています。

このブログも、5年後の自分のために、今日から初めます。
僕の日常、少し気になるもの、ちょっとしたお知らせなど、2週間に1回くらいのペースで更新できたらいいなと思っています。
面白くなるように努力しますが、あんまり為にならないと思うので、暇なときに覗いてみてください。
つづく