TENTEN

てんてん

てんてん

1981年宮城県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。2004年株式会社アマナ(現 株式会社アマナホールディングス)に入社。2013年に独立し、2015年株式会社佐藤写真館設立。

お仕事のご依頼はこちら

えるマネージメント
石川 絵深 ishikawa@l-mg.jp 070-7475-0243
(代表番号)03-4405-2474

ライカ

2020年9月8日

お久しぶりです。

自粛期間中みなさんは何をしていたでしょか?

僕は、毎日10km位歩いて、ガーデニングして、断捨離して、家族写真の整理をしてました。我が家では、8月に第二子が生まれるということで、誕生記念として、乗ってないバイクと使ってないフィルムカメラを売ったお金でライカM6を購入しました。生まれてくる子が成人したときに、写真に興味があればプレゼントしようと思っています。

それにしても、自分がライカを持つ日がくるとは思っていなかったので少し驚いています。なぜなら、それまでは、ライカなんてもんはカメラ好きオヤジの道楽程度にしか思っていなくて、あんな時代遅れなカメラでいい写真なんて撮れるわけがないと思っていたかです。

ところがどうでしょう、ライカを握った瞬間から写欲が溢れる感じ。高校生の時に、お年玉で初めて買った一眼レフカメラを持ったときの感覚を思い出しました。

M6(フィルムカメラ)を買って1週間位して               

あっ、M10(デジタルカメラ)も欲しい…。(いい意味で)

と思ってしまい、思ってしまったら買うまで治らないのがライカ病ということで、最近めっきり出番が減ったミラーレスカメラ一式を売って、M10を購入しました。

M10メッチャいいです。写りはCANONやSONYの最新のデジタルカメラの方がいいと思いますが、無駄な機能が一切ついていない、写真を取るためだけのカメラと言わんばかりのフォルムや、ライカの歴史を感じざる得ないボディの程よい重さ、押した瞬間「気持ちイイっ」と声が漏れちゃうシャッター、最高です。

最近のカメラは、高感度、高速連写、高画質、瞳フォーカス、4K8K動画、 性能を追い求めすぎて、写真を撮る楽しみワクワク感が無くなってきている気がします。正直、僕もカメラには性能を求めていましたが、ライカに出会って、改めて写真を撮るという行為の楽しさを思い出しました。

ライカありがとう。

夜明け前

2020年5月6日

夜明け前が一番暗い、だから今が一番暗い。

中学生の頃に見たテレビドラマのなかで、竹中直人さんが演じるお坊さんが言っていたセリフです。

当時色々と辛かった時期で、感銘受けて自分の部屋の壁にマジックでこの言葉をデカデカと書きました。

それ以来、辛い時にはいつもこの言葉を思い出します。

コロナウィルスが世界中に広がり、毎日たくさんの命が消えて、1つでも多くの命を救うため医療従事者が感染の恐怖と戦いながら日夜働いてくれています。

多くの人が、あたりまえだった日常生活がいかに尊いものだったか感じているでしょう。

早く夜明けを迎えるためには、耳にタコでしょうが、自分が感染してるものだと思って、人に近付かないことです。僕の場合、人に会えないことはそれほど辛くないのですが仕事で撮影できないのが辛いです。やることが無くなってくると心が弱ってきます。コロナに心まで蝕まれるのがしゃくなので、自粛期間中に新しいテーマで作品を作ろうと思います。

今は夜明け前です。

1日でも早く、以前のような日常生活に戻れるように頑張りましょう。

フォークダンス

2020年3月10日

僕は写真家以外で、影響を受けた人物は誰ですか? という質問を受けたら、
奥田民生(ミュージシャン)、古谷実(漫画家)、フォークダンスDE成子坂(お笑い芸人)と答えると思います。


中学生の時に衝撃を受けた人たちです。最近フォークダンスDE成子坂の桶田さんが亡くなったという話を聞いて、当時彼らと仲よかった芸人たちがコメントを残していました。
TBSラジオ爆笑問題カーボーイでもそのことに触れていて、
スピーカーごしに二人のフォークダンス愛を感じれるトークを聞いて悲しいと同時に嬉しくもなりました。


訃報を知り、気になってコンビについて調べたら、
1999年に解散したものの相方の村田さんは天才、桶田さんは天才すぎるコンビと評価されていて、確かに、中学生の時にテレビで見た二人のコントからは、他の芸人とは一線を画す新しいお笑いを感じたのを覚えています。
ネタが面白くて、カッコイイと思った初めての芸人です。
何度もやっているネタなのに毎回楽しそうにやっていて、緊張と緩和があり鮮度が落ちない笑いだったのが印象的でした。
何のコントか忘れたけど「チーズ食う?」というフレーズが忘れられません。


そーいえば、お笑い好き中学生だった僕は「おいなりさん」というお笑いコンビを組んでいて、文化祭などでネタを披露していました。
あまりにも寒い内容のネタなので、記憶の蓋に鍵をかけていたのですが、訃報のショックで思い出しました。
文化祭終わりのフォークダンスが懐かしいです。

あたりまえ

2020年2月9日

1/250秒で切り取った目の前の風景は、未来に繋がって、未来の人は写真を見て過去に戻れます。
僕らは坂本龍馬に会ったことはないけれど、誰もが坂本龍馬の顔を知ってます。
あたりまえのことなんですが、冷静に考えるともの凄いことで、
写真はタイムマシーンに近い発明で、魔法に近い行為なのです。

この写真は、2年前に愛車とお別れする時に撮った家族写真ですが、額装して家に飾っているので、見るたびに当時の記憶が蘇り、子供の成長の早さに思いを馳せたります。
家族写真っていいですよね。
あたりまえに過ぎていく日常の有難さに気づけると、どんな時でも前向きに生きていけるのではないのでしょうか。

本日、静岡県伊東市の大室山山焼きを見に、近くのホテルに前泊しつつ早起きして会場に行ったのですが、昨晩雪が降ったらしく、山焼きは来週に延期になったと発表がありました。
その帰り道、大好きなラジオ(杉咲花ちゃんのFlower TOKYO)を聴きながら有料道路を軽快に走っていたら、スピード違反で覆面パトカーに捕まりました。
法定速度70kmの看板に気がつきませんでした……、28キロオーバーで罰金1万9千円と3点減点です。
3日前の晩、夕食に食べたハンバーグで食あたりになり、激しい腹痛と嘔吐で1晩中寝れませんでした。

こんな短期間に嫌なことが続くと、来週はどんないいことが待っているのかとワクワクしてきますね。
前向きに生きていこうと思います。

トキメキ

2020年2月4日

いい写真ってなんでしょうか?


理屈抜きに、見た瞬間に心を貫く写真だと思います。

たぶん、心がトキメいた時に撮った写真です。


今年は、トキメキを意識してシャッター押していこうと思います。

Instagram     tenten_instaより

独立記念日〜アシスタント募集中

2020年2月1日

あけましておめでとうございます。
だいぶ間が空いてしまい、約5ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。
数少ない読者の皆さま、大変長らくお待たせしてしまい申し訳ない、忙しくて、ブログを書くモードになれなかったんです。
次回の投稿が、1年後になるのではないかと今から心配してます。


本日は、9年間お世話になった広告制作会社アマナから独り立ちした独立記念日で、僕にとって1年間で最も初心に帰れる神聖な1日です。
思い起こせば、2013年2月1日に独立して、同年に2020年東京オリンピックの開催が決定しました。
7年後にオリンピックが東京で開催されることが決定して、日本中が湧いたのが記憶に新しいです。


オリンピックロゴ問題、競技場問題、最近だとマラソン競技の場所問題など、いろんな問題が出て世界を騒がせましたが、今年の夏には、ついにオリンピック開催です。
僕はアスリートが好きなので、テレビでスポーツの試合をやっていると良く観戦するのですが、オリンピック代表になるには、壮絶な代表争いを勝ち抜かないといけないということを改めておもい知らされました。
全ての代表争いが壮絶だと思いますが、最近気になっていたのが、卓球女子の代表争いと、柔道の軽量級の代表争いです。                 柔道の阿部選手と丸山選手、どちらが代表になるのでしょうか?
どちらが出ても金メダル狙えると思うので、本当に2人とも出してあげたい。
一番楽しみにしているのが、まだ代表に決定していませんが大野将平選手のオリンピック2連覇です。
僕は大野選手の大ファンです。
大野選手の他を寄せ付けない異次元の強さ、強すぎる故に、
観戦してる人が笑ってしまうという不思議な現象が起きてしまいます。    伝説の柔道家木村政彦を思わせる佇まいも、スポーツJUDOではなく日本柔道を感じさせてくれる数少ない柔道家の1人だと思います。


壮絶といえば、カメラマンになる道のりも壮絶でした。           急展開ですが、ここから、前回の続きの社会人編に入って行きます。
大学4年生の時に具体的に写真で生きていくためには、どうすればいいかと考え、仕事をする上でのスキルを身につけなくてはいけないと思い、何社か広告制作会社を受け、株式会社アマナに入ることに決めました。
ただ、当時のアマナに関する情報は大学生だった時分には恐ろしい噂しか入ってこなかったので、少年院か自衛隊にでも入る覚悟で入社しました。
入ってみたら、少年院よりも自衛隊よりも厳しく、しかも運良く会社で一番カッコイイ写真を撮る一番忙しくて一番怖いカメラマンのアシスタントになれたのです。
朝6時に会社に行って、昨日の深夜に作ったセットの整理をして、カメラマンを待ち、その日の本番撮影をして、20時くらいに撮影が終了して、そこからスタジオを移動して次の日のセッティングをして、準備が25時に終わり、
そこからカメラマンに連れられて飲みに行き(僕は下戸)27時に解散して、6時に会社に行くという生活が休みなく1年間続きました。


いやー、辛かった…。たぶん、あの1年より辛い時間は後にも先にも経験しない気がします。                              だけど、あの1年があったおかげで、仕事に対する姿勢、人を喜ばせる喜び、光の作り方などを短い時間で詰め込めた気がします。(今になって思うと)
その後、他のカメラマンにもついたりした期間はありましたが、
3年半のアシスタントを経て社内でカメラマンになることができました。カメラマンになって思うことは、アシスタントの期間よりも、カメラマンになってからの方が大変だということです。                      アシスタントの時期に、尊敬できるカメラマンの側で、しっかりとスキルを身につけないと後々大変な思いをして壁にぶち当たると思います。
センスだけでやっていけるのは、本当のひとつまみの天才だけです。
カメラマンとして大事なことは、自分に仕事をお願いしてきた人に対して、本当にいい写真を提供して、心の底から喜んでもらうことだと思っています。   アマナでは5年半カメラマンをさせてもらいましたが、だんだんと一人で勝負してみたいという気持ちが強くなってきて、2013年2月1日からカメラマン「てんてん」として活動を始め、おかげさまで今年で7年目になります。
撮影が本当に楽しくて、毎回毎回全身全霊で撮影させてもらってます。


最近の1つだけ悩みがあり、そろそろ弟子が欲しいということで、自分がそうしてもらったように、自分で、自分を脅かすをカメラマンを育ててみたいというモードになってます。
もし僕のアシスタントになりたい人がいたら、作品10枚を同封して履歴書送ってきてください。
(アシスタント経験1年以上)気になる人がいれば面接して、テスト期間を設けて採用します。


なにはともあれ2020年も頑張りMAX!!!
ちなみに、東京オリンピック男子100m決勝のチケット当たりました。
オリンピックが楽しみです!!

PS. instagram  tenten_instaフォローお願いします。